忍者ブログ
夢やヴィジョンに気づき、努力の価値を知り、合格します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日は高校生のテストの振り返りでした。

「先生、数学、目標点まであと2点でした…」

解答用紙をもとに見直しをしてみると、
計算ミスや符号間違いなどどれも惜しいものばかり。

「あ~、う~わ」

解き直しをしながら、目の前の生徒が悶えています。

「よかったね!」
「今解いたのは、絶対に忘れないよ!」
「大切な学びの機会になったね」

「家でもう一回解き直します!」
何故かすごくやる気になって帰ってきました。

次はやってくれそうです。


PR

子供達は、わかりたい。

知らないことを理解したい。

鍛えて強くなることも、

合格して幸せになることも、

二の次。

まずは、知らないことを知りたい。

答えはシンプル。

知らないを知りたい。

それを作り出すために。

私たちの努力はあります。

お盆も、そればかり考えていました。

さて、次からの授業でガンガン行きます。

わからないをわかるに変えたい方。

ご連絡、お待ちしております。


宇都宮の塾 アプラック実践スクール

地域のお母さん、お元気ですか?

お盆になります。

暑いですね。

熱中症などにお気をつけください。

夏休みもいよいよ終盤です。

宿題など、お子さんは済ませていらしゃいますでしょうか?

二学期制の学校は、9月に入って、
すぐに期末テストがございます。

お盆明けには、テスト対策を始めるべく、宿題をがんばってもらいたいですね。

夏休みだから、遊ばせてあげたい。

でも、未来の合格する自分や、意欲を持って苦手を克服する自分もだいじです。

だからこそ、私たちは
熱意を持って勉強に向かわせます。

無理矢理ではいけないです。

こんな時だからこそ、出来ることを
積み上げて行って欲しいです。

今日も暑い夏を、元気にお過ごしください。

中3の少人数制授業です。
毎回の宿題をチェックして振り返ります。
1人1人と宿題の達成を振り返ります。
チェックがなくなると、宿題もやってこなくなります。
毎回のチェックを大事にしています。
猛勉強できる子になれば、誰でも行きたい高校に行けますから。
優しく、楽しく、厳しく行きます。

最近、たくさんの保護者の方と面談させていただく。

たくさんのご要望をお聞きする。

全部、子供のことを考えてだ。

「たくさん宿題を出してください」

「これでもかってくらい、勉強させてください」

「もっとレベルの高いことをさせたい」

「家で勉強できるように」

「わからないところを全部聞けるように」

「あの高校に合格させてください」

すべて、お子さんのためだ。


相手の幸せが、私の幸せだ。

相手の幸せを、自分のことのように幸せに感じる。


大事にしている。


だからこそ、保護者のご要望にこたえたい。

私にだって、限界はあるのは確か。

何を価値と考えてるんだろう?

相手の幸せが、私の幸せだ。

随分、意識しないで時間をつかってたなぁ〜。

さあ、やろう。

相手の幸せが、私の幸せだ。

相手の中に、自分がいる。

ありがとう、日本のお母さん。

今日も、お子さんをお預けくださって感謝です。


・・という気持ちでいっぱいの授業前でしたw


ウチの塾に来てくれたAちゃん。

学校に通うのも一生懸命だった。

そのAちゃんの一つの夢。

高校生になりたい。


なんと健気だろう。

力になりたいと、思わせてくれる。

私に出来ることは、なんかしてあげようと思わせてくれる。


長年受験指導をしていて、おもうことがある。

うまくいく子供は、仲間が多い。

仲間からエネルギーをもらうからだ。

だから、私は仲間になる。

小さな一つかもしれないけど。

その一つに貢献する。


今週発表だ。

叶うだろうか。

いや、叶えてくる。

夢は叶うんだ。

Aちゃん。

夢を叶えるぞ!


久々に、幼稚園児のかきかた教室の代打へ。

みんな、騒ぐ、しゃべる、飛ぶ、いなくなる(笑)

楽しそう。

教室で許される楽しさは、二つ。

誰かへの貢献、もしくは自分の成長に対する達成感。

それ以外は、いらない。

プライベートで、充分足りる。

わざわざ出張らずとも、よいのだ。

厳しい?

いや、楽しい。

質の高い楽しさを提供したい。

それ以外は、学習に向ける。

ここでは、学ぶこと以上の価値はない。

厳しい?

いや、楽しい。

幼稚園児が集まる。

シーンと座って学習してる。

ある子が、課題を終えた。

ニコニコして、こんなことをいってた。

「我慢して、静かにやった。静かにできたでしょ?」

そうだ。

わかる、できる、やれる。

それを、楽しいと言うんだ。

話すとか、じゃれるとか、騒ぐとかじゃないんだ。

プライベートは、別ねw

教育機関の提供できる楽しさは、

貢献と成長にまつわる達成感。

今日も、いっぱいあげてきます。

とっても厳しくて、とっても楽しくしてきます。

さあ、みんなおいで!

今日も、いっしょにやろう。


宇都宮市、真岡市の進学塾。
アプラック実践スクール。


自分を変える。

あなたは、この言葉を見て、どう思うだろうか?


私は、こう思います。

どんなに辛いことだろう。

やればいいだけだよ。

そんなことは、わかってる。

でも、やれない。

アドバイスも無視。

ガンコと言われた。

頭でっかちと言われた。

否定もされた。

でも、自分の信念を貫いてきた子がいる。


今までそれを続けられたことは、素晴らしい事かもしれない。

でも、受験はそうはいかない。

どうしても勝ちたいなら、

勝つ方法をとらなくちゃならない。


勝つ方法に自分をかえなくてはいけない。

勝つために、変える。

今までの自分を手放す。

手放すと、新しいものをつかめる。


でも、執着するなと言われて、

簡単に手放せるなら執着じゃない。

彼も、大変苦労した。


でも、そのままでは合格できないという壁が立ちはだかった。

レベルの高い目標をただ口にするだけでは、叶わない。

言い続けても、思い続けても、
それに見舞う行動をしなければ、
成果は作れない。


どうしても、変えなきゃいけなかった。

自分を変えるには、勇気がいる。

今までの自分で居た方が、いごこちはいい。

変わるのは、怖い。


でも、彼は変わり始めた。

ほんの少しづつだったけど。

12月30日。

昨年最後の授業だった。


「留学して、医師になる。」

彼の夢を聞いた。

始めて、夢を口にした。

中3から受験生に変わった瞬間だった。

今までの夢は、周りを説得するためのものだった。

彼の本当の気持ちに触れた気がした。


なんとかして叶えてあげたい。

そう、思わせてくれた。

彼は、合格してきた。

本当の戦いはこれからだけど、

自分を変えるのには、勇気がいる。

本当の自分を見つめるには、勇気がいる。

怖い。

だから、無視したり、楽したり、逃げたりする。

でも、何も変わらない。

怖い、でもやる。

本当の叶えたい目標のために。


死ぬほど叶えたい夢と何人が出会えるだろう?

本当は、全員出会えるだろう。

生徒の数だけ、答えはある。

受かって、くれてありがとう。

また、一緒に戦おう。




「何で、塾をやっているのか?」

目的を、相棒の松本先生と話す。

彼は、家庭教師関連の人気講師だった。

「やって見るまで、わからないだろう!」

彼は、よくその言葉で、生徒を鼓舞していた。

私も、家庭教師そして、進学塾でキャリアを積んだ。

「俺が受かるって思ってるから、受かるんだよ。

落ちると思ってるのは、お前だけだ。」

そういって、合格を支援してきた。


13年。

長かった。

目的がブレる。

様々な現実に目を奪われる。

あらゆる問題に対処できる自分を作ろうとしてしまう。

本来の役割以上のことをしようとしてしまう。

自分の価値を世に問うのが、怖いのかもしれない。

まあ、そんなことは、誰も戦っていることかもしれない。


でも、目的がブレることはあっても。

目的が自分の中から無くなる事は無い。

いつも、秘めている。

だから、松本と私で昔話をして、目的を2人で探った。

2人で思わず笑ってしまったのは、

出てくるのは、否定文ばかり。

「◯◯でないこと」

「◯◯しない状態」

「◯◯が嫌い」


叶えたいことが、否定文?

あり得ない。

ワクワクに否定文はない。

ワクワクは肯定。

禁止や命令が、心の中にあるのを実感する。

本来の単純で純粋な思いより、

自分の中にあるそんな正しさを優先してしまう。

つまり、純粋なワクワクではなかった。

正しさからくるワクワクだった。

いや、ワクワクというより、自己正当化。

そうある自分は正しい。そうあるべきだと、納得させていた。

でも、本来の役割はそんな正しさなんかじゃ無い。


なぜか、それを好きと思ってしまう。

どういうわけか、意欲が湧いて出る。

理由なく、それをしたいと思わせてくれる。

不覚にも、それに魅了される。

自分の中に、最初からあったのではないかと錯覚したりする。

そんな不思議な体験なのだ。

目的はシンプル。本物はシンプル。

複雑なほど、そこには企みがある。


「合格で人生を変える」

私にとっては、これが目的だ。

松本も、めずらしく賛同。

「2日ぐらい、これのこと考えているんだけど、

やっぱりエネルギー出るんだよね。」

そう言っていた。


「合格で人生を変える」

いい言葉だ。

思い出すんだ。

そういう気持ちでやってた。

もう、俺を魅了してやまない。


「合格で人生を変える」

シンプルで美しい。

塾を選んだのは、これを叶えたかったからだ。

私の前にきた子は、全部勝たせる。

人生を変える。

勝たなきゃ経験できなかった人生に連れて行く。


「合格で人生を変える」

革新。一緒にやろう。


私の仕事のパートナーは中学校の同級生だ。

松本先生。

今日の会議でも、1時間も車を飛ばして、来てくれた。

ガンガン前にいく私を、冷静にブレーキを踏んでくれる。

私にとっては、数少ない人だ。

中学校の時、彼は優秀だった。

きっと、一度も私は彼に勉強で勝ったことはないだろう。

性格も真逆。

何度となく、ぶつかり合った。

お世辞にも、大の仲良しという間柄ではなかった。

私は大学生の時に塾を作った。

彼は大学院を卒業して、東京のIT上場企業に就職した。

たまにあって飲んでも、仕事のことでもぶつかりあった。

お互いをお互いが説得しようとしていた。

でも、この一言が人生を変えた。

「あのさ、土曜日あいてる?」

「うん?空いてるけど?」

「うちの塾、その日一日だけ手伝ってくんない?」

彼は快く引き受けてくれた。

真逆だったけど、共有した。

そして、ある日こんなことを言われた。

「俺、今の会社やめようと思う。

やりたいことは、これなんだ。お金じゃないんだよ。」

「じゃ、真岡にもう一個塾を作ろうと思ってたんだ。一緒にやろう。」

一番嬉しかったのは、私一人では越えられない壁を越えられた。

私一人の力では限界があっても、私たちならば越えられる。

高い壁に長い助走、たくさんの苦難があった。

でも、自己を高めて、一緒に勝つ。

他人でも、目的が一致し、ヴィジョンを共有したら、もう私だ。

だから、私は彼を勝たせたい。

それは、私が勝つことと同じだ。

今日もありがとう。

ここまでの付き合いになるとは思ってなかった。

たまに、あの頃を思い出す。

大事にして良かった。

革新。一緒にやろう!

例によって、彼は顔NG。

理由は?

「出るなら、俺は出ない。」

真逆を行く。

だから、組む価値があるんだ。

正反対。

多いに結構だ。

僕にないものを、持っている人なんだから。


[1] [2] [3
  HOME   : Next  »
HPへはこちらから
校舎案内
★宇都宮南校舎★
 〒321-0138
  宇都宮市兵庫塚2-22-17
  TEL:0120-958-702
 宇都宮南警察署、
 兵庫塚郵便局
 の近くです。

★宇都宮北校舎★
 〒320-0072
  宇都宮市若草3-16-17
  TEL:0120-958-702
 宇都宮北環状線、
 ホームセンターカンセキ
 さんの近くです。

★真岡東校舎★
 〒321-4305
  真岡市荒町425-1-103
  TEL:0285-84-6563
 足利銀行さん、カワチ薬局
 さんの近くです。

お問い合わせ先
お問い合わせ・お申し込みは、アプラック実践スクールまで。
「ホームページを見て電話したのですが…」と今すぐ。
電話:0120-958-702
携帯電話からはこちら
↑上のQRコードを携帯電話で読み取ってください。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析
忍者ブログ [PR]